2007年07月23日

株主総会での質問事項

株主総会での質問いろいろお待ちしています。

私が考えたところ、今のところ2点
どちらも既出ではありますが・・・

1.今期にずれ込んだという売り上げはいつリカバリーされるのか?
2.売上高22.5億に対し、売上原価16.3億(72.5%)は多すぎではないか?

1.については、今期なのか、来期なのか?ただずれ込んだだけで、リカバリーされないのであれば、そもそもどういったソースに基づいて立てられた売り上げ計画だったのか?
予想が外れたのであれば、今後の売り上げ計画を立てる上で、どのような修正を行うのか?

2.については、売上げ原価は製造業では材料費30%、人件費30%、粗利40%程度が概ね一般的と言われる。インスペックの場合、材料費が79%(17.9億)、人件費は(四季報データより68名×580万円として)17%(4億)。仕掛品等が差し引かれ、16.3億の売上げ原価となっている。原価がかかりすぎ、粗利率が極端に低いが原因は何か?改善策はあるのか?
また、仕掛品6.5億は22.5億の売り上げに対し、かなり大きいが、この内訳を明らかにしていただきたい。

・・・とこんな感じですが、詳細に関しては、これから決算書等をもう一度よく見て確認してみようと思っています。
posted by muramura1600 at 21:39| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ〜

株主総会の資料出来ましたのでご確認お願いします。

株価低迷の要因

度重なる売上ズレによる下方修正

会社の信頼性及び知名度の低さ

受注状況不明による通期業績予想の達成不安

昨今の株価低迷による影響

機関投資家による大口の見切り売りによる異常な株価低下(ニッセイキャピタル)

地震による生産ラインSTOP等の不安  

社長及びIR担当の株価への意識が希薄すぎる

対策としての要望

IRでの月次受注状況の報告により四半期決算の報告を待たなくても会社の進歩状況が把握出来る
ようになり通期業績予想の達成不安が解消され株価変動の少ない安定した株価を維持出来る。

小口の個人投資家を増やすことにより大口の売り注文がなくなり急激な株価低下を防止できるので

はないか、もっとこまめにIRを出すことにより会社の信頼が得られ個人投資家が増えるのではな

いか、又アナリスト、機関投資家説明会を開くならば個人投資家説明会も開くべきではないのか、

特に地方の企業だけに知名度を上げ全国の株主を集める為にも必要だと思う

地震等の災害が出た場合には速やかにIRにより被害状況の説明

自社の株価の意識を認識する為にも毎日の自社の株価の終値をHPでIR担当自信が更新すること

それにより嫌でも毎日の株価をIR担当が意識して動く、現状では電話してもIR担当が自社の

株価が解ってるのか不安な状態、株価なんか関係ないと言う意識が見られる。現に先日電話し忠告

したが地震の被害状況等はIRで発表されていない。....電話では貴重なご意見有り難う御座います

と言ってたが結局行動が伴ってない。

今の個人株主の株数ならば株主提案権を行使して、今回の株主総会では無理だが、来期、又は

臨時株主総会に於いて役員解任の議案、又は役員を送り込むことの議案を提出出来る事を社長

に認識させ、いかに上場企業にとって株価及び個人株主が大事かを認識させ又雇われ社長であ

る事を認識させる。


過去の問題点

平成19年6月1日開示の上方修正において補助金収入7800万円の計上

補助金収入は以前から確定してたはずで有るがなぜこの次期の発表になったのか

会社の信頼性を失ったことによる追求



上方修正の要求

問題点 決算書に記載されてる原材料及び仕掛品は受注に基づいて生産されている物なのか
    又契約書は交わされているのか

    受注に基づいていない見込み生産による原材料及び仕掛品の金額ならば将来不良在庫

    となる可能性の有る商品に借金をして多額の投資をしてる事となり経営者としては失

    格で有る株主提案権により社長の辞任要求を提出する覚悟で有る旨を述べる
    
    まぁどう見ても受注に基づいて生産してるとは思いますけど

    受注に基づいて生産されているならば下記の数字が予想出来るので上方修正の要求

6月13日の決算説明会資料には仕掛品は受注残のズレの増加分が4億2百万と記

    載されているのでその金額以上の以上の受注分に対する仕掛り及び原材料が有ると

    言うことで正しいのでしょう。

  
    

6月8日発表決算報告書より


次期(平成20年4月期の業績見通し)   3P

売上高 30億 営業利益 2.5億 経常利益 2.3億 当期純利益 2.4億
        
業績の季節変動   5P

             上期      下期      通期

18年4月期       45.5%    54/5%     100%

19年4月期       36.6%    63.4%     100% 

平均した場合       41.1%    58.9%     100%               


受注から検収までの期間 7P

4.5ヶ月    検収により売上計上


棚卸し資産     13P

原材料  298,803千円                       

仕掛品  654,902千円             

売上総利益率    12P   

40%以上 (原価率60%以下)    


上記の資料より推測すると平成19年4月時点での受注残高は

製造原価=原材料(298,803千円+今後の加工費等0)+仕掛品654,902千円=953,705千円

売上高=製造原価953,705千円÷原価率60%=15億9千8百万円

ただし原材料に対する今後の加工費等を0で計算してるので本来はもっと売上高が上がると思われる

また受注から検収までの期間が4.5ヶ月で有ることから推測すると上期で上記売上達成が見込まれる。

次に通期業績見通しであるが業績の季節変動を加味すると 

上期で15億9千8百万の売上予測をすると季節変動により下期は上期以上の売上が見込まれる

過去の業績を参考に平均して考えた場合上期売上(15億9千8百万 41,1%)+

下期売上(22億9千万円 58.9%)=通期売上(38億8千8百万円 100%)が妥当

だと思われる

又昨今の液晶テレビの生産状況からするとこれでもかなり控えめな数字だと思う

現地点の会社発表通期予測

売上高 30億 製造原価 18億 販管費 9.5億 営業利益 2.5億 経常利益 2.3億 当期純利益 2.4億
         推測      推測

修正予想 

売上高 38億 製造原価 22.8億 販管費11億 営業利益 11.8億 経常利益 11.5億 当期純利益7.7億

販管費は殆ど固定費と見て人員増加に伴う人件費関連費用増加分5千万及び売上増に伴う自然増1億

円考慮して11億と推定

売上増加に伴う運転資金借入による利息の増加0.1億考慮

当期純利益については税金が発生すると思われるので会社予想より増えた分に3.9億控除

このことから次期の会社発表の業績見通し売上高30億はあまりにも弱気な発表に思われる
上場会社の適時開示に該当する業績予想の修正幅に該当すると思われるので速やかに受注の
増加によりと言うことで上方修正をし適時開示義務違反にならないようお願いしたい。


以上 追加訂正等有ればご指摘お願いします。


Posted by power at 2007年07月23日 23:21
powerさんお疲れ様でした。
powerさんが書いてくれたコメントを再度ワードにおこしてみたので、メールで送りますね。

今期30億の売上げ予想ですが、powerさんのご指摘どおり、弱気な予想となっております。
そもそも18年4月期決算説明会資料によると、売上高予想が、19年4月期24.5億、20年4月期32.19億となっており、前期予想からの減少分2億を今期へスライドさせるだけでも、今期予想は34.19億とならなければならないのに、今季に売上げがずれ込んだと言っておきながら、中期経営計画をいとも簡単に下方修正しているのが現状です。
記事にも書きましたが、一体どのようなソースを元に計画を建てているのか?
それが一番追求すべきポイントになると思います。
そして、言わずもがな、IRの稚拙さも指摘のポイントですね。

あとは、議決権の行使をにおわすだけではなく、何か一つでも議案を提案できればいいですね。
どうしましょうか?
Posted by muramura1600 at 2007年07月24日 08:03
おはようございます。
そうですねメールで送った方が解りやすいですね。よろしくお願いします。
後議案の提出なんですが、本来は株主総会の一ヶ月半ぐらい前に株主提案権を使って議案提出しないと行けないんです。
ただ今回は社長への脅しのためにも議案持っておいた方がいいでしょうね。なければ適当に株主総会でいつでも議案は出せますよ〜と脅しておきます(^^;



Posted by power at 2007年07月24日 08:37
おはよーございます!
そうなんですかー。なるほど・・・。
しかし、PERとかROEとか一目とか言ってやっていた株式投資とちょっと変わって、
インちゃんへの投資は新たに覚える事がたくさん^^;

本当勉強になります。
インちゃんに続く秋田での上場企業設立目指して頑張らなきゃ♪
あ、上場目指しちゃいけませんね。
上場して、さらなる発展、株主様への利益還元と、地元への雇用創出を目指さなきゃ!
Posted by muramura1600 at 2007年07月24日 08:43
今期の実質赤字に対して、役員報酬の3〜5割カット(^^)

Posted by blackcafe at 2007年07月24日 11:38
powerさん、muraさん御苦労様です。
意義なしです。宜しくお願いします。
社長に株主の存在をはっきりわからせてあげて下さい。
上場会社である限りいつまでも社長でいられると思ってるなら甘いと!
Posted by mananodera at 2007年07月24日 17:54
ブログ開設おめでとうございます!!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/b1q83y81/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/b1q83y81/?mode=edit&title=%3FC%3F%3F%3FX%3Fy%3Fb%3FN%3F%3F%3Fl%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F&address=http%3A%2F%2Finspec21%2Eseesaa%2Enet%2F


お問い合わせはコチラから
http://blog.livedoor.jp/b1q83y81/?mail

Posted by みんなのプロフィール at 2007年07月26日 05:41
powerさん muraさん
今日はご苦労様でした。たぶん質問の内容から最初に質問された2人がpowerさんとmuraさんだとおもいますが・・
私も出席しましたが社長の答えとしては想定内の事でしたね。(今1つ歯切れが悪い)
それにしても田舎の会社は質疑を求める
人がいないですよね・・・
詳しいコメントは後ほど。
Posted by namahage 1 at 2007年07月27日 20:49
こんちわ〜、ちょっと返事が遅くなってしまいました。気が付いたら村さんとnamahqgeさんのカキコが有りました。
昨日の夜秋田に到着して掲示板にmananoderaさんとyamagataさんの書かれてた通りキリタンポと株を肴にして一杯飲んでました。
あまりにもピッタリ当たってたのでどっかで見てたのかとおもっちゃいましたよ(^^;
で、今日大阪に帰って来たらとっても暑かったので村さんに奨められ土産に買ったガッコを行きつけの居酒屋に持って行き飲んで帰ったらこの時間になってしまった(^^;
株主総会の内容は村さんが細かく書いて頂いてたのでその通りです。質問者が少なかったのが残念です。最初誰も質問しないで終わっちゃうの〜と言う感じだったから手を挙げたらいきなり当たったしまいトップバッターとしては緊張してしまいました。社長の答えとしてはどうしても先端技術を行ってるので秘密事項が多いみたいで歯切れの悪い返答になったのは少し残念ですが、今回の通期予想は得意先の方にも確認して確実な数字を出したみたいなので売上30億は必ず達成してくれることと思ってます。上方修正についてはその場で返事は出ないと思ってましたがやっぱり数字的な答えは何も出なかったので四半期決算発表の数字を楽しみにしたいと思ってます。個人的には役員さんも真面目そうで贅沢してる雰囲気もなく歯切れの悪い発表以外は好印象だったかなと思ってます。今回初めて工場見学もさせて頂き説明を受けましたがやっぱり良い製品は作ってるなと思ったのが印象でした。個人的には今信用で買ってる分を全部現物にして持ってようと確信しました。
Posted by power at 2007年07月28日 00:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49005340

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。